欠損治療・歯がないLOSS TREATMENT / NO TEETH

欠損治療

歯が抜けてしまっている部位に対して、当院ではインプラント治療から精密な入れ歯制作など幅広い選択肢をもって患者様へ適切な治療方法をご提案しております。

特にインプラント治療では、CT装置の整備により精密な診断が可能なことと、ストローマンガイドシステムという最新の治療設計ができるシステムを導入することにより、患者様の負担軽減を最優先にした、安心安全なインプラント治療を提供できる体制を整えています。

欠損治療の考え方

歯のない欠損部位をそのまま放置してしまうと、噛み合わせが崩れてくる咬合崩壊という状態に繋がります。歯は両隣の歯とバランスをとって並んでいますし、上下の歯同士でピタッと噛み合わせることができる位置で安定しています。

咀嚼する際に上下の力が大きくかかる奥歯が無い場合、かかる負荷が通常よりも少ない歯で支えなければならないことで、他の歯に負担がかかり寿命を短くすることに繋がってしまいます。前歯が無くなると前後にかかる力の支えがなくなり、前に前にと倒れてくる現象も起きてしまいます。

もしもインプラント治療をしたいといっても、欠損を放置している期間が長ければ長いほど残存歯が元々の位置よりズレてしまっている可能性が高いので、既に理想的な位置にインプラントを埋入できないこともあります。
インプラント治療をするために虫歯のない歯を抜くといったことのないよう、将来的なリスクも鑑みた治療計画をたてていかなければならないのです。

インプラントのメリット

歯が1本抜けてしまった場合

保険治療でできるのは金属材料でブリッジを装着させる方法です。これは健康な歯を削ってしまうばかりでなく、装着後もずっと隣の歯に負担をかけてしまいます。
インプラントでは独立した歯の根を埋めるので、健康な歯を削る必要がないので負担がかかりにくく、とても噛みやすく安心です。

歯が複数本抜けてしまった場合

部分入れ歯は保険で制作するものは金属のバネが目立ってしまう心配があります。自費の入れ歯は目立ちにくく金属を使用しないものを作成できるので、噛みやすく審美性の高いものが作れます。
インプラントを活用した場合は、インプラントを複数本埋めてブリッジができるので健康な歯を削ることなく、丈夫で噛める治療が可能です。

歯が全部抜けてしまった場合

保険ではレジン樹脂をもちいた総入れ歯となりますが、これは合わなくなってしまうと噛みずらく痛みが出てしまうこともあります。
インプラントを4本程度埋めて作る差し歯は固定力があり、とても噛みやすい状態を作ることができます。
入れ歯の種類としてもいくつかあり、金属床やソフトデンチャーなどご要望によって作ることができます。

次世代型コンピューターインプラント

ストローマン社の提供する最新システムで行う治療です。CTで撮影した口腔内の画像からコンピューターの画面上で手術のシミュレーションをし、インプラントの埋入が正確に行われるように誘導する手術用のマウスピース。術者の技術に左右されにくく、シミュレーション通りに埋入できるため、埋入時間の短縮も可能。場合によっては、フラップレスでインプラント埋入ができるため、侵襲の少ないオペが可能です。

お問い合わせ contact

お気軽にお問い合わ せ下さい

ムシバゼロ 0120-55-6480

初診WEB予約

医院情報 about

八幡歯科医院
〒779-1102 徳島県阿南市羽ノ浦町宮倉日開元19-18
TEL:0120-55-6480(ムシバゼロ)

 
9:00~13:00
14:30~19:00

▲ … 第2,4木曜は休診となります
※ 受付は30分前迄
【休診日】 日曜・祝日/第2,4木曜