症例紹介

もっと、歯の話をしよう。

お悩み別

治療法別

訪問診療

訪問診療での新たに入れ歯を作製

Before

After

主訴義歯をなくしたので新しく作りたい
診断名上7~7欠損。右下7~左下2左下4~7欠損
年齢・性別89歳 女性
治療期間・回数1ヶ月。5回
治療方法保険義歯
費用この方は有料老人ホーム入所。健康・介護保険1割負担
保険診療→12,400円
介護保険→2,269円
※負担割合、入所施設、居宅により異なる
デメリット・注意点・義歯は慣れるまで時間がかかります。装着後も歯の調整が必要です。

・1日1回(就寝時など)、一定時間は義歯をはずすようにして下さい。義歯の下の粘膜に安静と回復を与えるために重要です。

・義歯の使用により潰瘍(口内炎のような傷)ができて、痛みがある場合は使用を中断し、義歯調整のためにかかりつけ歯科医院に調整依頼をして下さい。

・食事はやわらかいものから徐々に始めて下さい。ご自身の歯のように固いものを食べるのは難しいかもしれません。

・義歯を新製してすぐは話しにくく、またご自分の声と違うような気がすることがありますが、使っているうちに慣れて気にならなくなります。

・義歯は水や義歯洗浄剤につけて保管して下さい。乾燥したままでは変形の原因になります。

・洗浄の際に落として破損したり、排水口に流さないように注意し、下に水を張った洗面器などを置くと良いでしょう。

・保管場所はきちんと決めておいた方がいいでしょう。踏んだりしにくい場所に保管し、破損・紛失に注意しましょう。特に、ティシュペーパーに包むと、ゴミと間違えられて捨てられてしまうことがあるので注意して下さい。

・認知症、体の状態により治療が困難な場合があります。



備考


訪問診療。健康保険、介護負担割合、居宅施設入所により金額は異なります。

close
TEL 初診WEB予約 アクセス