症例紹介

もっと、歯の話をしよう。

お悩み別

治療法別

予防矯正

下の前歯の生え方が気になる子供への予防矯正

Before

After

主訴下の前歯の生え方が気になる
診断名叢生
年齢・性別7歳4か月 女児
治療期間・回数1年7か月、20回
治療方法マウスピース型小児矯正装置「マイオブレース」
費用440,000円+4,400円×20回(税込)
デメリット・注意点•歯磨きがわるい場合には、虫歯や歯肉炎が進行することがあります。

•顎関節が弱い方の場合、関節異常が出ることがあります。矯正治療中顎の関節に音がする、痛くなる、口が開きにくくなる、といったような症状が出た場合には直にお知らせください。その場合は顎関節症の治療をすることがあります。長期の矯正治療により歯根吸収が生じる恐れがあります。

•歯ぐきや歯槽骨が多少やせることがあります。そのため、術前の状態より歯肉が退縮し、隙間ができることがあります。

•体質により金属アレルギーを引き起こす事があります。

•治療後、知覚過敏や痛みなどが出たり、吸収された骨が再生しなくなることがあります。

•歯肉が退縮して歯が長く見えたり、歯と歯の隙間が広くなったりすることもあります。

前歯が反対に生えてきた子供への予防矯正による症例

Before

After

主訴前歯が反対になっている
診断名前歯部交叉咬合
年齢・性別7歳5か月 女児
治療期間・回数1年10ヵ月、25回(検査・診断含む)
治療方法マウスピース型小児矯正装置「マイオブレース」・拡大床
費用440,000円+4,400円/月×23回
デメリット・注意点•歯磨きがわるい場合には、虫歯や歯肉炎が進行することがあります。
•顎関節が弱い方の場合、関節異常が出ることがあります。矯正治療中顎の関節に音がする、痛くなる、口が開きにくくなる、といったような症状が出た場合には直にお知らせください。その場合は顎関節症の治療をすることがあります。長期の矯正治療により歯根吸収が生じる恐れがあります。
•歯ぐきや歯槽骨が多少やせることがあります。そのため、術前の状態より歯肉が退縮し、隙間ができることがあります。
•体質により金属アレルギーを引き起こす事があります。
•治療後、知覚過敏や痛みなどが出たり、吸収された骨が再生しなくなることがあります。
•歯肉が退縮して歯が長く見えたり、歯と歯の隙間が広くなったりすることもあります。
close
TEL 初診WEB予約 アクセス